弦楽器のヘッド端に与えられた役割について

顎あてを取り付けていないヴァイオリンを 写真Ⓐ のように保持して、軽く振りながらデジタルカメラで撮影すると Ⓑ、Ⓒ のような写真が撮れます。

そして 、この写真のように 背景とした書籍がハッキリ写っていれば、ヴァイオリンを支えている中央部が “節”となり、その両端であるヘッドと響胴のエンドピン側が “腹”として震えていることが確認できます。

私は こうした方法でヴァイオリンの揺れかたを検証した結果、ヴァイオリンなどの弦楽器は その発明時から ( A ) ヘッド ( B ) 響胴 は”対”でゆれるように設計されていたと考えるようになりました。

また、それらの “腹”に対して相対的な役割をもつネックの重要性を再認識しました。

ストラディヴァリの型紙  ( templates )

余談ですが、ネック条件に関しての探求は、38年ほど前に ストラディヴァリの モールド ( mold ) や 型紙にある重心を示すと考えられる ” (  ) “と 、ネック長の ヴァリェーションの研究から始めたもので、その結論までには 30年程の期間が必要でした。

ストラディヴァリの型紙のうちで、私が最初に着目したのは 対になった ” (  ) ” のうちで 右側の ” ) ” を 塗りつぶしたうえで その右側に移動された ビオラの型紙でした。この ビオラの型紙にある ” (  ) ” は 下図のようにネック長を同一にして割合をみてみると、ビオラのショート・ネックと チェロのショート・ネックのネック長に対する比率が同じであることなどから 適当に書かれたのではなく 一定の原理に基づいていることが判ります。

古典的なネックは 演奏上の音域構成だけではなく、その響きに大きな影響をあたえる重心位置などに細やかな配慮がなされているようです。

なお、ビオラの型紙に書かれた 右側 ” ) ” が 塗りつぶされてその右側に移動されたのは、ストラディヴァリが 指板の仕様を変更したからではないかと 私は考えています。

こうして考察すると、ほとんどの弦楽器は ヘッド部と 響胴部が 天秤状に”対”でゆれるように設計されていることが確認できると思います。

例として 下にエレクトリックギターの振動モードをあげてみました。

ネックに関する条件設定が すでに失われかけている‥  ヴァイオリン族とは違って、ギター系の弦楽器は エレクトリックギターに至るまで 『 弦長( スケール )は 12フレットまでの長さの 2倍である。』などのように 正確に伝承されています。

また‥ 弦楽器ではありませんが 天秤状態で「 腹 – 節 – 腹 」としてゆれるイメージは ボディーブレードからでも学べます。

BodyBlade( 2分53秒辺りから ボディーブレードが揺れる様子が出てきます。)

 

このような原理を私たち人類が理解したのは 10万年程前とされているようですが、 私はそれを 興味深い事実だと思っています。

なお、それは “アトラトル”によって証明されました。
 
アフリカ大陸から出て中東へと足を踏み入れたホモ・サピエンスは、氷河期である 6万~10万年前にこの投槍器 “アトラトル” などを駆使したことで、ネアンデルタール人を圧倒したとされています。

さて、弦楽器に話をもどしましょう。このように「てこ」や「天秤」の原理は かなり昔から弦楽器製作者にも理解されていたようで、ヴァイオリンなどにも その原理を見ることができます。

古の弦楽器製作者は、例えばこのように 重心や振動のしかたを観察して、ストラディヴァリの型紙にある ” (  ) ” のように バランスをとりながら製作を進めたと 私は推測しています。

これは 最終的な完成品の重心をコントロールするために、ネックや 指板など それぞれのパーツ段階で重心位置とゆれ方を調整したという仮説に基づいています。

ヴァイオリンや チェロなどの弦楽器は、上図のように 線分ab を天秤棒として N字型に立ち上がったスクロール部( 線分ac )と 指板、裏板ボタンを含んだネック端部( 線分bd )が 天秤部を軸として激しく揺れるように設計された可能性が高いと考えられます。

ですから これらの弦楽器にとって、ネック部が天秤棒的な条件を満たす事や その接続部のフレキシブルさの具合、そしてスクロール基礎部の設定が重要であると言えます。

ヘッドと ネック端の接続部で折れてしまった このチェロは 珍しい事例であるように、弦楽器はこの部分が “首”としてフレキシブルに機能しながら 耐久性もあるように設計されています。

Cello head   :   Neck connection point

Cello head   :   Neck connection point

 

T

T

Andrea Guarneri ( 1626-1698 ),   Viola  “Primrose”   1697年

そして この投稿のテーマとしてあげさせていただいた 弦楽器のヘッド端 ( k ) は、ヘッドと ネックの接続部であることから 線分 a-c のゆれをサポートする 『 アンカーとしての役割が与えられている。』と 私は考えています。

因みに、黎明期からのヴァイオリンや ビオラなどの ヘッドを観察すると、この Tenor viola ( Front L. 469.0mm ) のようにヘッド端 ( k ) 部の幅があるものが 先行していた可能性が高いようです。

この ヘッド端 ( k ) 部の幅があるものが

 

ヘッドと ネックの接続部に関しては 手首や足首のように”首”の役割がだいじなので、200年程に亘って研究されていたことが 残された事物によってわかります。

例えば

T

T

さて ここで、ヴァイオリン製作にとって重要なことを 一つ記憶しておいてください。

先程 、天秤の役割をもつ 線分ab から N字型に立ち上がったスクロール部( 線分ac )と ネック端部( 線分bd )が 天秤部を介することで揺れると指摘しましたが、この時に ネック端部には響胴までが含まれているということです。

それを上図で A部とB部として示しましたが、私は この両端部が対となって揺れるという仕組みが『 確固とした原則 』の 一つであったと考えています。

弦楽器製作者の立場から別の捉え方をすると 、スクロールやヘッド部の設定により 響胴のゆれ‥ そして響が ある程度 コントロール出来るということです。

   

 

T

 

T