ヴァイオリン教室

♪レッスンのご案内♪

ヴァイオリン講師 横田 由美

【 初心者歓迎・入会金なし ・ 初回体験レッスン無料 ・ ワンレッスン制 】

月曜日~土曜日 / 9:00~19:00

会場: 自由ヶ丘ヴァイオリン内レッスン室
( 東急東横線・大井町線 自由が丘駅より 徒歩 4分 )

会費:50分レッスン¥4,000- 90分レッスン¥6,000-

(  時間延長、出張レッスン応相談。一枠50分を標準としますが、小さなお子様の場合はご本人の様子を見て30分から徐々に伸ばしていく場合もあります。)


小さなお子様からシニアまで、幅広い年代の生徒さんがいらしている教室です。長く、楽しくヴァイオリンを続けるためにも、いらした際に次回の予約をしていくスタイルのワンレッスン制を推奨しています。

「学校、お仕事が忙しい月は少なめに」 「集中レッスンしたい月は回数を増やして」等々、無理のないペースでレッスンを受ける事が出来ます。

まずは体験から、という事で初回レッスンは無料です。お電話かメールでご予約の上、是非遊びにいらしてください!

 


個人的な話になりますが、楽器屋を営む両親のもとで、幼い頃から多くのアマチュア・ヴァイオリンプレイヤー達に会ってきました。楽しそうに演奏する彼らの共通項は自分の演奏にある程度の納得感があること。それは小さな挑戦と達成を積み重ねたことで得られる人生の豊かさなのだと、子供心にそう感じていました。ただ、いざ自分でヴァイオリンを弾いてみると納得感どころか「なんで弾けないんだろう」と悔しく思う事の方が多く、あまり楽しくないと思ってしまう時期すらありました。

そんな私がヴァイオリンを続けられたのは、週に一回のレッスンが二時間以上、その半分は“練習のためのレッスン”をして下さる先生との出会いがあったからです。

通常、レッスンのメインディッシュはその時々の課題曲です。上級者になると先生の前ではいきなり曲を弾くだけのレッスンが普通で、細かい基礎練習の類は自分で工夫して見ていきます。そして最終的にはそのようなレッスンに到達する前提であるため、中級の生徒さんのレッスンでも、基礎練習やエチュードの類はレッスンではさらっと見るだけで「あとは自分で練習しておいてね」と言われる事も珍しくはありません。

“弾ける子”はそんな状況でも、ちゃんと超えられます。意識的にせよ無意識にせよ、適切に練習するべきポイントを見抜き、自分なりの工夫をして課題をクリアしていきます。すると先生が次の適切な課題を準備する、その繰り返しで上手になります。問題は自分が“弾けない子だった時です。彼等はまず何が課題なのかが分かりません。とりあえず「〇ページを弾いてきてね」と言われたので弾こうとしますが、弾けません。そのままレッスンに行くと「なんで練習してこなかったの!」と𠮟られます。この繰り返しで気持ちは落ちていく一方です。

そんな子に必要なのは叱咤激励ではなく、懇切丁寧に、多分その先生がその年頃の頃に必要としていたのよりも遙かに多く、課題に対する解説をしてあげる事、お手本を見せてあげる事、そして感じを掴めるまで一緒に弾いてあげる事です。時間の半分以上をそんな“練習のためのレッスン”に裂き、根気よく見て下さった先生のお陰で今私はこうしてあります。その経験から、ある程度のレベルまでは、ヴァイオリンを弾くのに必要なのは才能ではなくて理解力だと私は考えています。全員がソリストになれる訳ではありませんが、音楽が人生を豊かにしてくれていると、そう思えるレベルまでは誰でも弾けるようになると信じています。

以上、
この長文を最後まで読んでくださった皆様に感謝いたします。 ありがとうございました。

横田由美